占い師になるには?


占い師になりたい!でも資格とかなかったら出来ないし。
でも大丈夫!占い師に必要な資格はありません、なので誰でもなれます!ですが占いに関する知識がなければ占い師になることはできないでしょう。そして占いの会社に所属する場合面接などあるので占いに関する知識や、占術などは必須です。
基本的に独学や専門学校で学ぶという感じです。

占術スタイルの種類

占い師と言っても、鑑定スタイルは個人個人違います。話の仕方も違いますし、ここで注目する点は【占術】です。
占術は様々な種類があってタロットや手相、六星占術などがあります。この占術の数が多いと相談に対応する幅が広がります
自身の専門的なスキルがある方はそれを活かした鑑定スタイルを行って見るといいかもしれません。

占い師になるために必要な能力

  • 占いの知識
  • 読解力
  • 表現力・伝達力
  • 共感力
  • 人生経験
  • コミュニケーション力
  • 自己ブランディング力
  • 危機管理能力(クレーム対応力)

などなど、全てないとダメということはないですが自分の努力次第で武器にもなると思うので是非みにつけましょう!
占いの知識、占い師になるには、当然、占いのスキルがなくては話になりません。先ほど書いた占星術、タロットカード、手相、霊視、数秘術・・・など、占いをするにしても占い師はそれぞれのスキルや法則に精通している必要があります。

読解力

占い師は、占いの知識を用いてお客さんの運命を解読していかなければなりません。

なのでシンボルやカードをどう読むのか?という「読解力」が必要となってきます。

占いは、「どう読むか?」でまったく結果が変わります。

表現力や伝達力
占い師は結果をわかりやすく伝え、納得させる必要があります。

そのために、占い師には表現力・伝達力が必要です。

共感力
言葉が巧みなだけでは、お客さんは本当の意味では満足してくれません。

占い師は、人の心に寄り添える豊かな共感力が必要です。

人生経験

時には叱咤激励も必要です。

しかし、人を叱咤激励をするにはそれなりの人生経験が必要です。

同じ体験やそれ以上の体験があるからこそ、人を励ますことができます。

占い師は、人生経験が必要です。

コミュニケーション力
人間社会は会話なしには成り立ちません。

「コミュニケーション力」は占い師になるためには必要不可欠な条件です。

自己ブランディング力

なぜ、お客さんは占い師の言うことを信じてくれるのか?

それは、占い師に日常を超えた魅力があるからです。
魅力を作る為に自分をブランディングしていき、ブランド化させないといけません。
ここで大きな付加価値をつけることが他の占い師との差別化になります。

危機管理能力(クレーム対応力)
占いという仕事には、クレームがつきものです。

占い師を長くやっていれば、色々なクレームに遭遇することでしょう。

クレームがうまく処理できないと、お客さんとトラブルになることもあります。

中には心を病んでいるお客さんもいらっしゃいますので、細心の注意を払った対応が必要です。
人を傷つけることはあってはいけません。
占い師には、トラブルを防ぐ「危機管理能力」が求められることも頭に入れて置きましょう。