占いといっても種類がたくさんありますよね。

今回は代表的な3つの占術の種類についてお伝えしたいと思います!

  • 西洋占星術

  • 占星術の多くは、太陽系の主要な天体の動きと位置で占いを行うことが基本です。
    他に特徴としては、実際の天体の動きに対して強いこだわりを持っているところです。(占星術によりますが架空の星を使うこともあります)
    あとは星座を使った占いでニュース番組など世間的に親しまれている西洋占星術。1日の運勢、ラッキーアイテム、気になる人との相性など、さまざまな運勢を占う事ができます。
  • 四柱推命

  • 四柱推命は、中国で生まれて日本で育った、占いの帝王とも呼ばれるくらい有名な占い方法です。
    WEBサイトでも四柱推命を扱っているサイトも数多くあり、本屋などに行けば四柱推命を、自分で占える本も買えることができます。しかし四柱推命はとても難しい占いなので、自分の命運を読み取るにはまでにはかなり知識が必要だと思います。
    生年月日時を四つの柱(これが四柱)に置きかえて、どのような陰陽、五行の要素になっているのかを見ます。これを見ていくことは「その人間を決定づけるのは誕生日である」という考えです。
    人が生まれる日は、親も本人も選ぶことはできません。何が決定するかといえば、親や祖先などの因縁によるものでしょう。その人がこの世に生まれる瞬間、「おぎゃあ」と声を上げ、自分の力で肺呼吸をはじめます。このとき体に入った空気の要素(陰陽、五行)がその人を決定づけるという考えです。従って生まれた日により、行動パターンや性格のクセなどが決まると推測します。
  • タロット占い

  • 占い師といったらタロットのイメージが強い方も多いのではないでしょうか。タロット占いはカードさえあれば気軽にできる所が人気の理由です。スプレットと呼ばれる配置方法により、相談者の悩みを解決していきます。
    このシャッフルも、占い師によって違います、占い師だけシャッフルを行う、相談者もシャッフルする、シャッフルの後にカードを切る、トランプ等と同様にカットだけに留める、特にシャッフルを行わず相談者の話を聞きながら常にカードの順序や向きを入れ替えるなど、特に統一されていません。
    タロットカードとは一言で言ってしまえば、不思議な独特の図像が描かれた78枚のカードセットのことですかね。
  • 易占い

  • 神社のおみくじなどが易占いになりますので、日本人にとって最も馴染みのある占術かもしれません。近い未来や悩みに対して答えが欲しい時に使われる事が多い占術です。

    タロット占いなどとちがい、少しなじみが薄い易占いですが、その歴史はとても古くからあり、そして最も古い占いの手法であり、さらに言えば学問であります。

    易占いが他の占いと違うのは、あらゆる事象や現象から導かれた統計学であるので、どんな問題でも占えるということですね。

    生年月日なども必要ありません。

    相談の内容にたいしては、完璧な否定はせず、どのようにしたら良いかを示してくれるのですが、その占いの答えは、あなた自身や占術者が、今の状況と照らし合し、読みとかなければいけないのです。